歯の神経を抜くことによって具体的になにが改善する?

根管治療は決して怖い治療行為ではない

歯が痛いので歯医者へ行ったところ、「神経を抜く必要がある」といわれて怖くなり、治療を受けずに帰ってしまったという人もいるかもしれません。また、「歯の神経はできるだけ抜かない方がいい」と知人にいわれたので、治療をいったん保留したという人もいるでしょう。では、歯の神経を抜くというのは、具体的にどのような治療行為なのでしょうか。まず、歯の神経を抜く治療は「根管治療」と呼ばれます。歯の神経は、歯の根元にある管のようなところに存在するからです。抜くというと、神経を引っ張り出すようなイメージを持つかもしれませんが、実際のところは管の中に棒を入れて神経をすりつぶすといった感じになります。麻酔がちゃんと効いていれば、痛みは限りなくゼロです。

根管治療をすることで虫歯による痛みをなくせる

歯医者が根管治療を提案してくるのはなぜかというと、歯の根元にある神経が虫歯による痛みの原因になっているからです。痛みがまったくない虫歯であれば、それほど進行していないので問題箇所だけを削ればいいのですが、痛みがある場合は虫歯がかなり進行している上、痛みが一時的に消失したとしても、またぶり返すことがほとんどなのでトラブルの元を絶つために神経を抜こうとするのです。では、「神経は抜かない方がいい」という人が存在するのはなぜでしょうか。これは、神経を抜くと歯が割れやすくなってしまうからです。ただ、根管治療を行った場合は義歯をかぶせるので元の歯が割れることを心配する必要はほとんどありません。

根管治療とは、歯の根に達した深い虫歯やケガなどが原因で、炎症を起こした歯髄を取り除くために行う歯の根の治療のことです。