厄介な脱毛処理が楽々?レーザー脱毛の仕組みを学ぼう!

毛根を完全に破壊するのが大きな特徴

脱毛処理は様々な方法がありますが、その多くは一度処理を行っても日数が経過すると再び体毛が生えてくる欠点があります。体毛は引き抜いても毛根が一部でも残っていれば、そこから再び生えてくるのです。レーザー脱毛は毛根そのものを焼き潰す処理なので、一度実施すれば二度と生えてくることはありません。脱毛処理を何度も繰り返す必要が無いので出費を抑えることができる他、肌が傷つかないメリットがあります。

レーザー脱毛は医療機関だけで実施できる方法

レーザー脱毛は専用の医療機器を使う処理方法です。そのため、機器を使えるのは医師免許の所持者に限られます。ほとんどの場合、美容外科などの医療機関でレーザー脱毛を行っているので、毛根から完全に取り除く脱毛を望む人は医療機関に問い合わせるのが賢明です。美容院やエステサロンで行っている光脱毛は仕組みが似ているものの、レーザー脱毛のように毛根の機能を破壊する効果はありません。また、医師免許の所持者がいない施設ではレーザー脱毛の表記はできないので、脱毛処理を受ける際はその点を注意する必要があります。

肌の状態によってはレーザー脱毛は受けられない

体毛を完全に除去し、新たな発毛も防ぐことができるレーザー脱毛ですが、肌の状態が悪いと受けることはできません。レーザーの刺激は非常に強く、肌が傷んでいると強い痛みや火傷などの不具合に見舞われるおそれがあるためです。また、脱毛に用いるレーザーは濃い色に反応して拡散する性質があります。レーザーが拡散すると毛根を綺麗に焼き潰すことができません。日焼けやかさぶたなど、肌の色が濃くなっている部分は毛根が残ってしまうおそれがあるので、レーザー脱毛を受ける際は肌のコンディションに注意することを心がけます。

医療レーザー脱毛は、皮膚科や美容クリニックなどの医療機関で行っている医療行為です。5~7回程度の施術回数でスピーディーに脱毛することが出来ます。