痛い脱毛はやりたくない!痛くない脱毛をするためにできること

脱毛は痛くない方が絶対にいい

痛みに耐えて精神を鍛えたいという人であれば別ですが、できれば脱毛は痛くない方がいいでしょう。脱毛をするためには何回もお店に通うことになり、痛い脱毛方法は大きなストレスになってしまいます。痛みで脱毛を継続するのが嫌になり、場合によっては途中で断念することも考えられます。快適で長続きする脱毛を行いたい場合は、痛みが少ない脱毛方法を選ぶことが大切です。

クリニックよりもサロンを選ぶ

脱毛できるお店は大きく分けて2つあり、それがクリニックとサロンです。この2つの最大の違いは、使用する脱毛器の出力です。クリニックでは医師が常駐しているため、出力が高い脱毛を行うことができますが、サロンの場合は上げられる出力に限度があります。痛くない脱毛を目指す場合は、クリニックよりもサロンでの施術を選ぶようにすると良いでしょう。

全身脱毛より部分脱毛

毛の生え方や濃さや部位によって大きな違いがあるため、痛みの程度は大きく変わります。全身脱毛を選んでしまうと、痛みを感じやすい部位も処理することになるため、脱毛するのが大変になるでしょう。皮膚が薄かったり、毛が多く集まっていたりする部位は痛みを感じやすいです。痛みが苦手な人は、部分脱毛にして気になる部位だけを処理する方法もあります。

肌のコンディションを整えることも大切

脱毛は人によって痛みの感じやすさが変わってきます。脱毛は黒い色素に反応するレーザーを照射し、毛根にダメージを与えていくやり方が一般的です。そのため、脱毛部位が日焼けしているとレーザーが肌にも反応してしまい、痛みが強くなります。他にも、肌が乾燥していると外部からの刺激を受けやすくなり、痛みが増します。痛みがない施術を行うためには、健康的な肌を保ち、コンディションを整えることが大切です。

脱毛にはワックスを塗布し剥がす事で処理する方法と、レーザー照射等で毛を作り出す細胞を破壊する方法があります。1度で毛を抜き取る点、回数を重ね最終的に生えなくさせる点でそれぞれの目的が異なります。